まずは漫画で哲学に触れてみませんか?

【千葉雅也の講義受講者による解説】勉強の哲学とはなにか

おすすめ書籍

こんにちは。

みなさんしってますか?
『勉強の哲学
来るべきバカのために』

るーちゃん
るーちゃん

この作者さん
私の大学に勤めてはるのです。

だから私も
彼の授業を受けたことが
あるひとりなのです。

 

この本は
「勉強が気になっている人」
向けて書かれた本なのです。


そして実際に千葉雅也のゼミに潜って
彼の講義を聞いた私が

「勉強」について
はなしていきたいのです

勉強とは【自己破産】なのです

勉強とは
【自己破産】なのです。

「え?」ですよね(笑)

勉強したら新しいスキルとか
知識がみにつくよ。

って言いたいですよね。

 

でもその考えやイメージを捨ててくださいね
勉強は【自己破産】なのですよ。

 

じゃあ自分の何を壊すのか?
【ノリ】です。

 

どういうノリなのかと尋ねられると
周りの環境に合わして生きてるノリです。

つまり

勉強をすることは
周りの環境に合わせずにわざと
ノリの悪い人間になるということ。
るーちゃん
るーちゃん

勉強する意味をこんなふうに
考えたことなかったでしょ?

 

普段考えつかないようなことを
考えるのが哲学なの。

 

だからこの本って本当に【勉強の哲学】
ってタイトルに

ふさわしいなあ。っておもわされるよ

勉強とは【キモい人】になることである

勉強とは
【キモい人】になることなのです。

これも、はい?ですよね(笑)

キモいってまず何がどうキモいの。

じゃあ、たとえばですよ

ドラゴンボールの話をしてる友達AとBがいます。

あのキャラが好きだとかあのシーンがすきだとか
そんな話をしているときに・・・

 

るーちゃん
るーちゃん

ヤムチャってどうしても
負けキャラになってるよね!

悟空に負けたてから、
何でもかんでも負けて
なんなら天下一武道会で
天津飯氏も負けて

そのあとには・・・

と。

 

『ドラゴンボール』の話を
始める人がいるんですね。

友達AとBはそんな詳しい話をしてるんじゃなく
ただ「会話のネタ」で話してるだけだったのに

ガチなドラゴンボールの話をもってくことで
AとBを置き去りにしてしまう。
AとBからしたら
「空気の読めない子」認定てしまう。
つまり
空気が読めない=キモい人なのです
るーちゃん
るーちゃん

でも知ってたら
語りたくならない?

そうなのです。
よく知っている=よく勉強している

だからこそ、勉強するとキモい人に
なっちゃうのです。

勉強はツッコんでボケて楽しむもんだ

勉強とは
【ツッコんでボケて楽しむもんだ】

何言ってるんですか。
おかしくなったんですか。

いいえ。(笑)
おかしくないです。(笑)

 

例えば
女の子5人で今はやりのタピオカを
飲みに来ている。

そこでみんながおいしいねー!
っといい、そっちの味おいしい?
と話をふられたとき

 

るーちゃん
るーちゃん

え。これって「おいしい」って答え
する以外、許されてる?(笑)

なんていうツッコみをするのです。
(空気よめないやつ)

これはつまり

場の雰囲気からわざとズレたツッコみを
することで
その場の同調圧力に
ストップをかけることなのです。

 

また違う例でかんがえてみましょう

「大学辞めたら高卒になる!就職はどうなるのか!」

るーちゃん
るーちゃん

はい?高卒でも働いてるひといる。

国会議員がそんなこといるなら
高卒で就職むつかしい仕組みを改善しなさいな

というボケをするのですね。

 

だって「大学辞めたら高卒になる!就職はどうなるのか!」
この言葉だけの意味をとれば

ただの事実じゃないですか?

 

高校で卒業=高卒

今の日本社会で高卒=就職がむつかしい

この事実をしっかりわかったうえで
それを批判する。

つまり

確定な事実を批判する力がボケるということである。
物事を鵜呑みにしないこと。

 

勉強ってこうやって

自分でツッコんでみたりボケることで
今まで見えなかった世界が見えるようになる

そうすることで楽しみが生まれるのです

まとめ

勉強とは
・自己破産すること
・キモいひとになること
・ツッコんでボケて楽しむこと

きっとこんなふうに勉強について
考えた人はいないとおもう

だからこそ私は
『勉強の哲学‐来るべきバカのために』
おすすめしたいのね。

ぜひよんでみてね.
買うのが高いと思ったらAudibleで
ただで聴いてみてはいかが?

参考↬:【Audibleを無料で聴く方法】

 

おわり

コメント

  1. […] 「勉強の哲学」からどうぞ♪ […]

  2. […] 【千葉雅也の講義受講者による解説】勉強の哲学とはなにか […]

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました