まずは漫画で哲学に触れてみませんか?

哲学とはなんだ?【3年間哲学を学んでる女子大生の定義】

テツガク

哲学と聞くと

・子難しい
・社会の役に立つのか
・なにやってるのかわからない
・とりあえずニーチェ

 

そんなイメージがありますよね。
でも、哲学ってもう少し奥が深いんです。

 

奥の深さを、3年間哲学を学んでいる
現役女子大生が解説します。

哲学とは

結論は「考えることがたのしー!」
と知れる学問です。

 

哲学の語源は「愛知」

哲学は英語で「フィロソフィー(philosophy)」なんです。

 

英語の語源であるギリシャ語まで遡ると…。

フィロス (philos) + ソフィア (sophia)
愛          知

 

つまり、識をすることが哲学なんです。

 

「なんかカッコいい」から 始まる哲学

哲学は「知識を愛すること」と分かっても、具体的になにをどうすることが、知識を愛するのかわかんないですよね。

 

要は
なんかカッコいいことを考えてみるんです。

 

というのも、哲学をやっている!哲学書を読んでいる!なんていえば、周りから「すごい」「頭よさそう」「かっこいい」と思われるからです。

 

・恋とはなにか
・生きるとはなにか
・わたしってなにか
・言葉ってなにか

 

そんな質問に一言で、答えられたら
なんかかっこよくないですか?

 

ちなみに私が、初めてグーグル先生に
「哲学とは?」と検索したときの動機は
一言でカッコよく、哲学とはこうだ!を答えたかったからんですよ(笑)

 

なんかカッコいいから始まった学びの沼にはまった結果…。考えることが楽しくてたまらなくなっちゃったんです。

哲学は役に立つのか

結論は、役に立つです。

そもそも、役に立たないことなんて何もないんです。蓄えた知識は、必ず何かの役に立ちます。

 

ビジネス系YouTuberであるマナブさんも
世間的に「無駄」と思われるゲームに熱中した経験から、ブログとの類似点をみつけてゲーム感覚で、ブログを運営し年収2億を稼いでいるそうです。

 

「無駄」と思われることでも、どこかで役に立つことはあるんです。

それは哲学でも同じです。

 

哲学の役立つポイントは2つあります

・その①:自分の視野の拡大化
・その②:表面的なものがくだらなく見える

上記の通りなので、順番にみていきます。

 

その①:自分の視野の拡大化

基本的に、人は自分の理解の及ぶ範囲のことしか知らないんです。

哲学の学びは、その範囲を広げてくれるんです。

 

私は、大学では哲学・倫理学を専攻しています。
そこで、ある人から「大学ってなんであると思う?」なんて聞かれた日には、私は哲学の知識以上に、大学の成り立ちや社会的役割を知らなければなりません。

 

 

その結果として、歴史という分野、社会という分野に足を踏み入れ、知識を増やせるんです。

 

 

この積み重ねが、私の理解の幅(もっと簡単に言えば、知識)が増えていくんです。

哲学は、知識を愛するために、より多くの知識を増やそうとするきっかけを作ってくれるんです。

 

その②:表面的なものがくだらなく見える

「当たり前」や「普通」ということが、くだらなく見えるんです。

 

哲学の学びは
本質的なものを考えるからです。

例えば
・顔(外見)は美女/美男だけど、性格(内面)ゴミ。
・顔はぶさいくだけど、性格最高

どっちと将来を考えて
付き合いたいですか?

 

私は、後者を選びます。なぜなら外見は
簡単に作れるものです。内面はその人自身の
すべてだと思うからです。

 

要は、哲学は
・恋とはなにか
・生きるとはなにか
・わたしってなにか
・言葉ってなにか

本質的なこと(内面的なこと)を
考えてばかりいるから、適当に作り上げた表面的なことには興味を示さなくなるんです。

「哲学とは」を一言で答えられる?

というわけで、最後に。

「哲学とはなに?」と、聞かれたら
なんかカッコいいを目指して一言で答えられますか?

 

3年間哲学をまなんできた女子大生の現在の答えは、「哲学とは、考えることが楽しい!と思える学問なんですよ!」

 

それではまたね。
もし哲学に興味を持ってくださったなら
こちらの記事も参考に。

参考↬:【哲学×マンガ】哲学の面白さをしるためのおすすめ5選!

参考↬:西洋哲学史の詳しいまとめ

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました