まずは漫画で哲学に触れてみませんか?

コロナ対策と道徳の教科化に物申す

ひとりごと

こんにちは。

今回取り上げたいテーマは
「道徳の教科化」について。

 

こまったくん
こまったくん

道徳の教科化がどうしたのー。
いまその話するの遅くない?

 

 

っと。いう人向けに私は言いたい。

いまだからこそ私はこの問題について
語りたい。

そこで今回は

・そもそも道徳の教科化とはなにか
・なぜ私がこの時期にこの話を持ち出したのか

を話していこうと思うのです。


道徳の教科化とは

小学校や中学校のときにあった「道徳」
それが一つの教科として扱われるのです。

教科化することで・・・。

・国がOKをだした教科書
「しか」使えなくなる
「評価」されてしまう
・毎時間「必ず」行わなければならない
この3つが教科化することで
変わることですな。
るーちゃん
るーちゃん

この変更点とコロナの今の時期だからこそ
考えなきゃいけないことを
一緒に考えていこうね。

なぜこの時期に道徳教科化の話をするのか

道徳の教科化といいコロナ対策といい
両者ともに

国が私たちに関与しすぎている点が
恐ろしいから

 

るーちゃん
るーちゃん

何が恐ろしいのか
その点をまったーり考えよう!

国政教科書と休業指示

国がOKをだした教科書しか
使えないことと休業指示の共通点は

個人の意思が尊重されない点にある。

なにがいけないのか。
国の思う通りに動かされてしまうこと。

 

るーちゃん
るーちゃん

具体的にみていこっか!

コロナ対策について

コロナウイルス拡大防止のため
全国的に「休業要請」
だされてますな!

しかし要請してもきかない場合
パチンコ店などに「休業指示」
だされてるね。

 

要請は「おねがい事」で

指示は「絶対やってね」って

違いがあるよー!

 

休業指示になると、国から営業してはいけない。
そう圧力をかけられ閉店してしまうのね。

そこで何が起きるって
「国の力」が大きくなってるってこと。

国の力が大きくなればなるほど
強制力が強くなるの。

すっごーーくオーバーに
いっちゃえば・・・

 

安倍総理
安倍総理

明日から戦争を起こすので
準備してください。これは国からの
絶対的な命令です

こんな命令をされてもおかしくないってこと。

 

ここまでのまとめをするね

・コロナ対策の影響で国の権限が強くなっている
➤国の強制力が強くなる
➤個人の尊重が消え失せていく

そんなの拒めばいいだけじゃん

っていう人もいると思うのね。

ここで問題になるのが「道徳の教科化」なの。

道徳の教科化

前も言ったけど国がOKをだした教科書しか使えない
ってどんな危険性があると思う?


思い出してほしいのは「教育勅語」って
昔、勉強しなかったかな

あれは、道徳の根本とか教育方針国が決めて
戦前に国民に植え付けようとしたもの。

 

・天皇様万歳ー!

・勇気をもって戦争にはいくんだぞー!

・憲法は絶対だー!

・国のためをかんがえるんだー!

ねえ。怖くない?

小学生とか中学生とかまだまだ
成長途中の子らに少しずつ
こんな考えを植え付けるんだよ?

私は絶えらんないね。本当に怖い。

つまりね。

国が認めた教科書を道徳で使うってなると

国が望むような誠心を持った人間を
育てるためにものになる恐れがあるの

まとめると

・道徳の教科化で個人の考えよりも国の考えを
優先しやすくなった。
➤国の考え・望みを、子供に植え付けやすい
環境になってしまった

 

自分で「考える」ことがより一層大切になる

政府が過度に私たちの生活に
関与してきていることは
まぎれもない事実なのです。

だからこそ私たちは自分で
なにが正しいのか。を判断して行動する必要が
あるのです。

 


覚えてますか?

コロナ騒動でトイレットペーパーが
買い占められたこと。

適当なデマに惑わされてみんなが買い占めた結果。

よく自分の頭を動かして「本当?」と
疑えばトイレットペーパーは国内生産だから
そんな心配はいらなかったはず。

 


緊急事態宣言が出された時も
ロックダウンとは根本的に違うことも
調べればわかったはずです。

しかし、ロックダウンのように外出禁止になる
と、勘違いしスーパーに押し寄せる。

 

私は切に問いたいのです。

「なんで疑わないのですか?」

言われたからそれが正しい。
その考えを捨ててください。

まとめ

私はこの時期に
コロナ対策と道徳の教科化を
テーマにした話題をだすことで

みなさんに考えてほしい

あらゆることを。
自分の頭で考えるんです。

新聞を読むとかニュースをみるとか。

本当に正しいのかどうかを。

国がすべて正しいわけじゃないんです。

ではまた。

 

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました