まずは漫画で哲学に触れてみませんか?

【コロナの影響】宿泊業の未来を考えようじゃないか

ひとりごと

宿泊業の未来

さて。最後に。
コロナの影響をもろにうけてしまった
宿泊業の未来はどうなるのでしょうか。

・働くことが禁止されている
・オープンしたてである
・インバウンドや観光客が見込めない
・外出することが悪であるという空気感

 

そんな中で
宿泊業を守るために
延命させるためにはどうすればいいでしょうか。

ただただ、潰れていくことを
見ていればいいのでしょうか。

なにかできることはないのでしょうか。

潰れるとしても最後まで
あがき続ける手段はないでしょうか。

なければ時間とともに
倒産は確定的でしょう。

「宿泊業の未来を考えようじゃないか」
なんてたいそらしいタイトルですが
何もしなければつぶれるのは時間の問題です。

 

私は、宿泊業で働いている身だからこそ、
人が休める場所を笑顔が
あふれる場所を守りたい。

ただその願いを込めて
「いま」できることを探している。
できることをとにかく行動に移している。

それでも一人では限界があります。

 

だから

お願いします。
助けてください。

 

これを読んでいる読者の方には
宿泊業に携わっているかたも、
全く関係のないかたもいるでしょう。

それでも私は
助けてください。
と、お願いします。

支援金がほしいわけではありません。

ただ、どうすれば
困難な状況下で、
せめてものあがきをできるのか

そのための知恵を
少しだけ私にかしてください。

 

宿泊業の未来を最後まで
見届けたいのです。

そのためには
一生懸命なにかをしなければいけない。
あがき続けたいのです。

 

どうか宿泊業の現状を
知ったうえで私と一緒に
未来を考えてくれませんか?
心からお願いします。
最後まで読んでいただき
ありがとうございます。

知恵を貸してくれるみなさまへ。

私の連絡先は
ツイッター(@rapelulu)
インスタ(rapelucy0723)
この記事へのコメントにお願いします。
知恵を少しだけ貸してください。

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました