まずは漫画で哲学に触れてみませんか?

哲学の始まりとは「驚く」こと。貴方は哲学をしていますよきっと。

テツガク

「哲学」と聞くと
どういう反応を取りますか?

え。むつかしそう

なにそれー。

私が思うに
こういう反応をすると思うんです。

実際、私も初めて
「哲学」
という言葉を聞いたときは
同じよう反応をしていました。

でも

私も、この記事を読んでいる
あなたも「哲学」を始めています。

哲学は
タウマゼイン(驚き)によって
知を愛することですから。

本記事では
タウマゼインが哲学の始まりであることを
お話していきます。

タウマゼイン‐驚き

古代の哲学者たちである
ソクラテス、プラトン、アリストテレスが
「タウマゼイン(驚き)」が
哲学の根源にあると言っていたのです。

 

プラトン/ソクラテスの驚き

*プラトンの書き残した
『テアイテトス』という
小説のなかに
以下のように示されているのです。

テアイテトス:ソクラテス、それがいったい
どうなのか私はたいへん
不思議に思っています
いや時に本当にそのことに
考え及んでいる目のくらむことさえあります。

ソクラテス:つまり、君、テオドロスは
君の素質について見当はずれを
していないように見えるんだ。
驚くというその感情は
特に愛知者のものだからね

そうじゃないか、
それより他に愛知の始めはないんだよ

ここで言われる愛知者とは
哲学者のことであり
愛知とは、哲学のことを指します

 

彼らにとって
タウマゼインとは
知を愛する人の感情なのです。

つまり

哲学者としての感情
と言い換えても過言ではないでしょう。

さらに
タウマゼインとは
愛知の始めなのです。

つまり

哲学の始まりだとも
言っているのです。

 

アリストテレスの驚き

*アリストテレスの書き残した
『形而上学第2巻』にも
以下のように示されているのです。

「…かつて最初に知恵を愛求した人々…」
驚異(タウマゼイン)によって
人間は、今日でもそうであるが
あの最初の場合にもあのように
知恵の愛求(哲学)し始めたのである。」

彼にとってタウマゼインとは
人が知を求めだすキッカケである
と言っているのです。

さらに

最初に知恵を愛求した人も
タウマゼインがあったからだ
とも言っているのです。

古代哲学者たちにとってのタウマゼイン

彼らにとっての
タウマゼインとは
哲学者、つまり
知を愛する人たちを生み出すもの
だと考えるのです。

哲学のはじまりは「驚き」にある

哲学は
なにも難しくありません。

哲学は、タウマゼイン(驚き)によって
人間が知を愛して求めるように
なることなのですから。

貴方が知らないことに
触れたとき、きっと「驚き」ますよね。

それをぜひ追及してみてください。

それが哲学の始まりであり
哲学者としての始まりなのですから。

それではまた。

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました