まずは漫画で哲学に触れてみませんか?

シャドーウィングのやり方を徹底解説します!【動画付き】

「話す」ための英語学習法

シャドーウィングって言葉知ってるけど、どうやってやるのか知らないんだよなあ。

という悩みに答えます。

◇本記事の内容

・シャドーウィングとは
・シャドーウィングのやり方
・シャドーウィングのメリット
・おすすめの教材紹介

◇まえおき

私はネイティブっぽく
英語を話せます(ドヤ)

その理由としてシャドーウィングを
していたから、と考えられます!

なので今回はネイティブっぽく
話せるようになるための方法を紹介します

シャドーウィングとは「音読」です

シャドーウィングは
要は読なんです。

ただ一つ違う点は
自分で音読内容を書き記して
音読するという点です。

るーちゃん
るーちゃん

と、説明するより実際に
見たほうがわかると思うので
シャドーウィングのやり方を紹介します

シャドーウィングのやり方

シャドーウィングを
やるときに必要なものを紹介します

・音声の準備
(YouTubeでも教材でもok)
・PCかノートとペン

以上です。
特別なものは何もいらない!

では用意できたら実際の
やり方の手順を紹介します

①音声の準備をする

音読するための
教材の準備のようなものです

②音声を聞きながらメモを取る

聞こえてきたまま
書き起こします
(聞き取って書き起こせるまで
永遠リピートします)

③メモを見ながら音声に続いて読む

書き留めたものを見ながら
音声に続いて音読します

④メモを見ず音声に続いて読む

しっかりと覚えて
音声に続いて音読します

↷実際のシャドーウィングの雰囲気動画

 1分30秒~3分30秒ほどを
見ていただければ、

なんとなくの雰囲気がわかります!

るーちゃん
るーちゃん

個人的には
書き起こす作業は
ノートに書くほうが好きです。

カタカナ書きできちゃうから(笑)

シャドーウィングのメリット

シャドーウィングは

YouTubeとして有名な
バイリンガールちかさん

インスタで有名なマホさん

スポーツ界で有名な本田圭佑さん

お勧めする英語学習法なんです!
そんなシャドーウィングの
メリットについてお話します

ネイティブに近いスピーキング力の向上

先ほどの動画の8分30秒を
少し聞いていただければわかるのですが

るーちゃん
るーちゃん

私の英語は
カタカナ英語と違います。

ある程度流暢に
滑らかに話せます。

シャドーウィングを続けると
このレベルで話すことができるようになります!

ネイティブの発音で聞き取れるリスニング力の向上

実際にネイティブの人と話すには
もちろんネイティブの発音で
聞き取れなければなりません。

シャドーウィングの特性上
何度も何度も聞き直すため
耳が英語に慣れてきます。

その結果シャドーウィングを続けることで
だんだん聞き取れるようになります!

語彙力や表現力の向上

シャドーウィングは
ある程度の
単語や表現方法
を知らないと正直きついです。

耳から聞こえたものといえど
知らない単語があると書けないですよね。

だから自分で勉強する力や
調べる力が付き
必然的に語彙力や表現力がアップするんです!

シャドーウィングのおすすめの教材

シャドーウィングの教材を選ぶポイント

・自分のレベルに合うもの
・ちゃんと答え合わせができるもの
・ネイティブスピーカーが話しているもの

を選ぶのがいいです。

英語に慣れていない人が
高速で話していて長文になると
嫌気がさすし

自分がメモしたものを
答え合わせできなかったら
本末転倒になるし、

日本人の「カタカナ英語」を
真似して話せるようになっても
ネイティブスピーカーは困るし…。

だから!!
以上の3つのポイントを
考慮して教材を選んでください!

今回は初心者さん向けの教材を紹介します

【音読パッケージ】

使われている表現が
中学レベルなのでめっちゃ簡単なんです!

【究極の英語リスニング】

英語のスピードが
「ゆっくり」から「ナチュラル」まで
3レベルあるから自分の耳に
合わせて選べるのがいい!

【NHKラジオ英会話 基礎英語1】

日常会話で使える
表現や単語が多く入ってるから
「話すために勉強する!」て人におすすめです!

継続は力なり!

シャドーウィングのやり方に
ついて実際に私もやってみて

やらなかったら
こんなにできなくなるんだなあ
と実感しました。

実をいうとシャドーウィングを
3年ほどやってなく…

書き起こすのに
めっちゃ時間かかりました。

また
ちまちま毎日30分でもやっていこうかな。

と、、、

継続しなければ英語力は
すぐ落ちるのでこつこつ、ちまちま
頑張ることが大事なのですよ!

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました