まずは漫画で哲学に触れてみませんか?

『幻想古書店で珈琲を』のあらすじ…温かいやさしい言葉

おすすめ書籍
るーちゃん
るーちゃん

ネタバレ一切なしでありますよっ!

貴方の人生に、物語ってありますか?

友達との思い出、大切な人との幸せな思い出
仕事を頑張った思い出。全部それはあなたの物語。

だけど
ある青年は唐突に告げられてしまうのです。

 

「人生という名の物語に、中身がないのでは?」

 

っと。
そんな青年と魔法使いの店主の心温まる物語に
興味はありませんか?

『幻想古書店で珈琲を』あらすじ

主人公である名取司は、新卒で入社した会社が
倒産してしまったために
現在社会の荒野に放りだされる。

仕事探しのために勉強を。と思い本があふれる街
「神保町」へ。

巨大なビルに
入っている新刊書店に足を踏み入れる。

 

唐突にほろ苦い珈琲の香りにつられ本棚の間に
存在した木製の扉を開いてみる。

 

そこに広がっていたのは
壁に余すことのない本や床の上にも本が
積みあがった古書店だった。

そしてその古書店の店主であろう
森の賢者を思わせるような亜門

 

古書店の名前は「止まり木」

 

この亜門はどうやら魔法使いであった。彼は
趣味で「ひとの人生の本」を集めているそうで…

 

司の本も作ってしまった。しかしその本は
まったくの白紙状態。

これはつまり
司の人生には中身がない。ということであった。

亜門はそんな白紙の中身の本を見て

 

「白紙の本ならば、これから中身を綴ればいい。
逆に今までのエピソードがない分、どう紡ごうと自由なのです。」

 

そう。この物語は人生がまっしろけの司と
「止まり木」に住まう変わった魔法使いの物語。

この物語の言葉は綺麗でやさしい

この物語は
言葉がすっごく綺麗でやさしい。

 

無職になった名取が、たまたま書店員として
働く三谷っていう友達に会うのね

外資系で働いてたのに「合わなかった」から
やめちゃう。なんでやめたって彼はこう言うの

 

「俺は本が好きだから。」

 

確かに何気ない言葉だけど
今のご時世、儲かる外資系の仕事を辞めてまで
お給料の低くてしんどい書店員さんになった

って考えたら、三谷はほんっとに
本を愛してるんだなあ。って
なんだかほっこりするの。

またひとつ

司がこの物語の中で涙を流す場面が
あるのね。それで
涙を流す描写をこう綴っているの

 

「頬に、生暖かい雫が伝わった」

 

なんだか心にグゥーってくるものが
ないかな。ただ「涙を流した」じゃないの

聡明にその涙を表現していて
言葉がきれいだなあ。って。

 

るーちゃん
るーちゃん

私がチョイスした言葉たちに
物語の流れを掴みつつ読んだら
もっともっとーーー感動するから
ぜひ読んでほしいの!

珈琲に少し詳しくなれる

読書の相方といえば珈琲。
じゃないですか?

この物語は亜門の趣味として珈琲が
たくさんでてくるのね!

るーちゃん
るーちゃん

そのせいでいろんな種類の
珈琲を飲みたくなるのー。

ウインナー珈琲って知ってる?

ウィーン風の珈琲でホイップクリームが
たっぷりの珈琲なんだよー!

 

るーちゃん
るーちゃん

クリームの甘さに
珈琲独特の苦みを
たのしめるんだよ!

 

 

コピ・ルアクって知ってる?

ジャコウネコっていう動物のフンを
集めて煎じたものが
コピ・ルアクって呼ばれてるのね!

 

るーちゃん
るーちゃん

めちゃめちゃ癖が強い珈琲。

もし飲む機会あれば牛乳と
混ぜたほうがおいしい(笑)

もし、珈琲がすきならこの物語を
楽しみながら珈琲の知識も増えるから

2倍たのしめるとおもうの!

『幻想古書店で珈琲を』は全8巻のシリーズ本

この物語は
全7巻+番外編の8巻となってますます!

るーちゃん
るーちゃん

私の本棚の一部をご紹介!

参考:↬『桜風堂ものがたり』の
レビュー
もどうぞっ!

 

・『幻想古書店で珈琲を』

・『幻想古書店で珈琲を』靑薔薇の庭園へ

・『幻想古書店で珈琲を』賢者たちの秘密

・『幻想古書店で珈琲を』心の小部屋の鍵

・『幻想古書店で珈琲を』招かれざる客

・『幻想古書店で珈琲を』それぞれの逡巡

・『幻想古書店で珈琲を』あなたの物語

・『幻想古書店で珈琲を』賢者からの贈り物

 

ほろ苦くて優しい本を読みたい方へ

なにか温かい言葉に触れたい人

珈琲がすきな人

人生まっしろだなあ

 

なんて思っている人におすすめの
『幻想古書店で珈琲を』

珈琲を片手に読んでみてはいかかでしょうか?

 

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました