まずは漫画で哲学に触れてみませんか?

【プチ哲学】哲学が面白いと思えるおすすめの1冊を紹介

おすすめ書籍

哲学っておもしろいの?なにやってんの?

という素朴な疑問に答えますね。

◇本記事の内容

【プチ哲学】という本を紹介
・哲学の面白さ【プチ哲学】から引用して語りまくります

おすすめの本【プチ哲学】とは

「哲学」って聞くと
どうしても小難しく
感じてしまう人多いと思うのです。

でもこの【プチ哲学】は
「考えることって楽しいかも」
て思わせてくれるんです

かわいいイラストと
ちょっと深いい言葉で

「哲学」に触れてくれてる1冊なのです!

るーちゃん
るーちゃん

今回はこの1冊から

深いい言葉をご紹介っ!

ぜひ哲学の面白さにふれてみてね

【枠組み】とはなんだろう

さて
このイラストから何が考えられますか?

 

右の絵のカエルくんは
別のカエルくんを押し飛ばしてる。

だけど、左の絵を見るとリンゴが落ちてくる・・・。

 

このイラストのテーマは『枠組み』

私たち人間はどうしても
ある枠組みの中で生きてるんです。

それは偏見や先入観を持って生きているとも言い換えれます。

 

「ある乱暴者のカエルくんが
他のカエルくんを推し飛ばしてる」
という先入観。

だけど実は、落ちてくるリンゴから守ろうとしていた。

 

見る角度を少し変えるだけで
自分が思っていた事実と全く逆のこともあるんです。

哲学とはその枠組みを超えて
自分で考えることを楽しむものなのです

【時間】とはなんだろう

さて
このイラストから何が考えられますか?

 

右の絵でアラーム君が必死にネズミ君を
起こそうとしてます。

左の絵になるとネズミ君は勝手に起きちゃいます。

 

このイラストのテーマは『時間』

最近の私たちは時間に縛られていますよね。

電車の時間に会社の時間にテレビの時間に・・・。
でも本来は時間が人を縛るものじゃないはずです。

だって時間は自分自身のものだから。

ネズミ君のように「自分が起きる時間」を
大切にする。

時間に起こされる=時間に縛られるのではなく。

 

「時間」に縛られるのではなく
自分のために時間を縛ってあげてみてはどうでしょう。

哲学とは、時間の考え方を
変えるきっかけになるのです。

【意味】とはなんだろう


さて
このイラストから何が考えられますか?

 

右の絵の箱と左の絵の箱の違いは
線が1本あるということ。

線がない立体は
ボールが落ちてくると跳ね返す。

だけど線が1本増えるだけで
「天井が開いている箱」と勝手に思ってしまう

 

このイラストのテーマは
『意味から離れられない』

私たちは、どうしても
意味をつけたがるです。

無意識のうちに
「ものごとの意味」を探してしまうのです。

「箱」と「落下するボール」があれば
ボールが跳ねるとか箱の中に入るとか

ただの箱とただのボールという風に
物事をなかなか見れません。

 

もとある意味から逃れて
新しい考えを持つことも大切なのです。

哲学とは、意味から逃れて
新しいことを考え直すきっかけを作ってくれるのです。

ちょっとだけ深く考えるのって楽しいかも

【プチ哲学】は
ちょっといつもの日常を
深く考えているだけなんです。

 

枠組みのテーマでは
メディアと私たちの関係を考えさせられます。

メディアはいつもどこかを
少ししか切り取って放送しません。

私たちがそれを
どこまで信じてどこまでを疑うのか。

 

時間のテーマでは
いつもの日常で「あたりまえ」に
時間を厳守して生活しているけど

あなた自身の時間を楽しんでいますか?

 

意味のテーマでは
「普通」に言葉を使って
私は記事をこうやって書いてる。

みんなも「普通」に
会話をしてる。

だけど、言葉の意味は人それぞれ
違ったりすることもあるんですよ。

 

ちょこっとだけ深く考えることって
ちょこっと楽しくないですか?

いろいろ思ったり
考えたりって楽しいもんですよ( *´艸`)

【プチ哲学】は
ちょっと深く考える
きっかけとヒントをくれるんです。

 

それではまた。

 

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました