まずは漫画で哲学に触れてみませんか?

『億男』を読んだ感想:お金と幸せ以上に信じることの脆さを感じる

おすすめ書籍

おはようございますですです。

少し前に話題となっていた川村元気さんの
『億男』

るーちゃん
るーちゃん

私は発売されてすぐに購入して
読みました(笑)

ちゃんとハードタイプで持ってますっ‼

こちらであれば無料登録するだけで
映画版を見ることが可能でし。


もし書籍を読んでいて
映画版をみたい。という方がいれば
どうぞ( ^^) _U~~

 

では本題にっ!

なぜこの時期に少しブームが去った
『億男』のお話をしたいのか。

これをはじめにお話ししてから
感想を話していきたいと思うのです。

なぜこの時期に『億男』を勧めるのか

コロナショックの影響を受け
〈お金〉と前以上に向き合っている人が
多いだろう。と私は感じてるからなのです。

・家賃が払えない
・給与が払えない
・学費が払えない
・食べ物が買えない

 

こまったくん
こまったくん

お金があれば解決するのになー。

そう考える人は多いはず。

そこでお金の問題はコロナショックを
受ける前以上に深刻な問題となってる。

こんな時期だからこそ私は
【お金と幸せ】について考えてほしい。

とおもったからこの時期にこの本を
紹介するのです。

私の感想

お金があれば幸せ?

お金があれば幸せになれますか?

ものすごく哲学的で何歳になっても
考えられる質問。

お金があればあるほど人は幸せになれるのか。

私はこの本は

【NO】である。けれど…。

と告げている気がしたのです。

 

・物語のある女性にとって

お金は憎悪の対象である。一方で
心の寂しさを埋めてくれる唯一のものでもある。

・物語のある男性にとって

お金は喜びを手に入れるためのモノである。
一方で
その喜びを失う恐怖を募らせるモノでもある。

・物語のある男性にとって

お金は人間の考え付く快楽
溺れることができる最高のモノである。
一方で、一生消えない傷を
作るものでもある。

お金は人を幸せにはしない。

だけど、お金は人の寂しさを埋める。
お金は感情を維持させる。
お金は快楽を味わわせてくれる。

お金は人を幸せにはしない。
だけど
心を満たしてくれる唯一のものである。
って、私は感じたのね。

信じてくれる人・信じられる人

この物語のある一人が

信じることができる人を望む。
僕が信じることができる人。
僕のこと信じてくれる人。

という求人募集をだしてたのね。

【信じることができて信じてくれる人】

あなたの大切な何かと引き換えに
巨額のお金を手に入れられるとしたら

あなたはそれを守れる?
お金を得ようとしない?

一緒働かなくて遊んで生きていけるだけの
お金を、たった一つ大切なものを捨てるだけで
ゲットできる。

そんな状況ならあなたはどうする?

この物語の人たちは、
お金を選んでしまった。そう。

信用は淡くてもろくて、切ないものだなあ。
って感じたの。

読んでっと…私からのメッセージ

どうでしたか?

るーちゃん
るーちゃん

この本の感想見てると、
お金と幸せについてばっか
かかれてるのねー。

でも。

この本はお金と幸せ以上に
信用することの儚さとか脆さも同じくらい
大事にされているの。

このコロナショックでお金の問題に
直面しているからこそ

お金と幸せについて考えてほしい。
そして

お金と信用についても考えてほしいな。

 

るーちゃん
るーちゃん

コロナの影響で
経済的にも精神的にも
しんどいけど、頑張ろうね。

おっしまい。



コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました