まずは漫画で哲学に触れてみませんか?

【本の生き残りをかけて】電子書籍と紙の本…結局どっちがいいの?

おすすめ書籍

電子書籍と紙の本ってどっちがいいの?

という疑問に答えます。

◇本記事の内容

・電子書籍の特徴を解説
・紙の本の特徴を解説
・紙の本が衰退していることを紹介

 

◇読者様への前置き

村山早紀さんのあるツイートを
きっかけにこの記事を
書こうと思いました。

彼女の素敵な物語に
「電子書籍化したから低評価を付けた」
というコメントがあったそうです。

私は正直、悲しかった。

彼女が言うように
『桜風堂ものがたり』を
読んでいてそんなことが
言えるのか、と。

だからこそ

「電子書籍と紙の本、どっちがいいの」
というよりも、
どちらの良さも知って

「本を生かせてあげてほしい」

そういう願いを込めて
本記事を作成しております。

電子書籍の特徴

電子書籍とは

Amazonが
販売しているkindleストア

楽天が
販売している楽天Kobo電子書籍ストア

などが挙げられます。

これらの特徴について解説していきます。

電子書籍のメリット

個人的にメリットだなと
思える順に書き出していきます。

・在庫切れや絶版がない

・持ち運びが便利(重くない)

・読めない漢字をすぐ調べれる

・価格が若干安い

・買いやすい
(ネットで購入ボタン押して買える)

・暗いところでも読める

・文字を拡大して読める

などがメリットとして挙げられます。

 

電子書籍の一番のメリットだと
私が思うのは
「絶版になった本」を読める
ということです。

絶版とは
人気がないために
一度販売した本の
販売をやめてしまうことです。

つまり
絶版本とは

んでしまった本

だといっても過言ではありません。

 

電子書籍なら
本を印刷するための費用
人件費などがかからなくて
済むからこそ

「死んでしまった本」を
生き返らせることができるんです。

電子書籍のデメリット

個人的にデメリットだなと
思う順に書き出していきます。

・ぱらぱらめくって読めない

・所有欲が満たされない

・目が疲れる

・解説やあとがきが
省略されることがある

・電子化されてない本もある

・充電が切れると読めない

などがデメリットとして挙げられます。

 

私が一番のデメリットだと
思うのは
「ぱらぱらめくって読めないこと」
「所有欲が満たされないこと」
です。

本はやっぱり
ぱらぱらめくって本の香りを
楽しんだり
伏線を見返したりするのが
楽しい。

読み終わった本を
本棚に返してあげることも
一つの楽しみです。

さらに、
本棚を自分の好きなように
並べることも
「本」をする人の
一つの幸せの形だと思うのです。

紙の本の特徴

 

紙の本とは
言わずもがな
本屋さんや図書館で見る本ですよね。

紙の本の特徴について解説していきます。

紙の本のメリット

個人的にメリットだな
と思う順に書き出していきます。

・書店員さんに
おすすめを聞ける

・コーヒーと一緒に楽しめる

・記憶に残りやすい

・所有欲が満たされる

・本の帯を楽しめる

・すぐに見返すことができる

・書き込みができる

 

などが挙げられます。

 

紙の本は
「本」としての価値以上を持っています。

物語を創り出す人
その物語の手助けをする人
本を売るために
本に携わってくれる
書店員さんたち、
本を売るために
応援してくれる人が
いるからこそ

紙の本は
「本」としての
価値以上のものを見出せるんです。

紙の本のデメリット

個人的にデメリットだなと
思う順に書き出していきます。

・かさばる

・黄ばんでいってしまう

・値段が高い

・場所をとる

・気軽に何冊も持ち歩きできない

・絶版がある

などが挙げられます。

私が一番のデメリットだと
感じるのは
かさばってしまうことです。

大学に行くときに
読むのですがやっぱり
ノートや資料、PCなどを
カバンに入れているから
本を入れると余計と重くなる、、、

だけど
本をもって
本を読んでいるっ
て感じが個人的に
好きなんですけどね。(笑)

紙の本の衰退状況

今の日本社会では
紙の本は売れなくなってきています。

・ネットが普及したことで
本による情報収集をする人が減ったこと

・活字離れする人が多いこと

・安い古本通販サイトの存在

・本を売る場所がなくなってきてる

・「密」を避けるために

など、衰退の原因はいくらでも挙げれます。

 引用:全国出版業界

事実として
2015年から2018年にかけて
紙の本の市場は年々減ってきています。

さらに

本を売るための方法が
変化しているから売れない
という原因をつくりだして
しまっていると考える声もある。

本は一つの事実として

「死」

へと着々と進んでいって
しまっているんです。

本の生き残りをかけて

私は、本がいくら

「死」

に向かっていても
生き残ると信じています。

 

物語をぐ人
物語を誰かにびたい
そう思う人がいる限り
本はき続ける。

 

物語を書く人は
それぞれの思いを本に書き記す。

その物語に心を震わせる
書店員さんは物語の温かさを
紡ごうとする。

そして
それを受け取る
読者さまの記憶に
その物語は結ばれる。

本を生かすために
本の在り方は必ず
変えていかなければならない。

 

紙という媒体が
今の時代の人に
読まれないのであれば、
電子書籍として
スマホでみれる
本の在り方に変化するだけ。

 

きっとこれから
電子書籍が衰退すれば
本はまた、
その在り方を変えていく。

本の生き残りをかけて
本を愛する人が、そう変化していくから。

本を愛する人が
生き続ける限り本は死なないのです。

 

最後になりましたが
本記事のタイトル

「紙の本か電子書籍どっちがいいのか」

これにお答えするなら
本を愛するあなたの
ライフスタイル
本の愛し方で
決めるのが
一番いいとお答えします。

私のように
本の香りや本の厚み
そして本に携わる方々と繋がりたい
と思うのであれば紙のほうがいいかもしれません。

一方で

知識を増やしたい
たくさんの物語に触れたい
そう考える人は
電子書籍のほうがいいかもしれません。

 

「どちらがいいか」ではなく
どちらのほうが

「本を愛せるのか」

を考えてみてください。

最後まで読んでいただいて
ありがとうございました。

それではまた。

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました