まずは漫画で哲学に触れてみませんか?

自由に生きるのは、難しいという話

こんにちは。

哲学勉強歴は、約3年です。
読み漁った本の数は、50冊以上。

 

さて、先日に下記のツイートをしました。

 

深堀してお話ししたいと思います。

自分は、「自由」に生きている。という
考えを捨てましょう。

自由に生きるのは、難しいという話

多くの人にとって
「自由」に生きること自体が、価値ですよね。

 

誰からも支配されない「自由」
政治家や官僚に操作されない「自由」
好きなことをする「自由」

 

そんな風に考えている人たちに
残念なお知らせです。

 

【支配からは逃れることができません】

 

伝統的な支配-
「常識」という言葉で支配している

 

伝統的に受け継がれてきた考えは、
尊重するべきだ。

  • 年長の言うことは聞かなきゃ。
    ‐長老制
  • 男は働き、女は家事をする。
    ‐家父長制
  • 長く働く人はえらい。
    ‐年功序列制


最近でこそ、少しこれらの考えに

不満は出ているだろうが…

多くの人にとっては「常識的」考えである。

 

合法的な支配
‐「当たり前」という言葉で支配している

 

皆で定めた正しい手続きを経た
決定には、従わなければならない。

  • 赤信号は守ること
  • 子どもは、教育を受けること
  • 結婚相手は、好きに決められること

 

今を生きる私たちにとって
「当たり前」である。

カリスマ的な支配
‐「ブランド力」という言葉で支配している

 

「とにかくすごい」という
心酔や情緒的帰依によるもの。

  • ヒトラーによる民衆扇動家
  • キリストのような絶対的な神
  • Louis Vuittonのようなブランドは良い

 

ある意味、私達には
「ブランド力」という言葉が
なじみ深く感じられる。

 

無条件に支配を受け入れているんです

この記事を読んでいるあなたは
無条件に、支配を受け入れているんです。

 

だから、「自由」に生きている
という考えを捨ててください。

 

「自由」に生きることは、難しいんです。

難しいけど、挑戦するべき話

人間は、自由に生きることはできません。

だけど、それを理解したうえで
自由になるために挑戦して生きていくことはできます。

 

まずは、何事も疑おう。

自由に生きたいと思うのであれば
まずは、疑いましょう。

「常識」や「当たり前」という言葉で
納得して、生きていくのではなく

疑って生きていく。

 

一般大衆が考えることは
正解ではあるが、最適解ではない。

それでは。

 

 

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました